企業理念

社長挨拶

三愛石油は、東京オリンピックが開催される3年前の昭和36年に石原産業として創設されて以来、高度経済成長期やオイルショック・バブル経済・リーマンショックなど激動の時代を経て、少しずつ形を変えていきながら60年もの間、地域の皆さまに可愛がられ、地域とともに発展して参りました。

この60年間、数多くのお客様に支えられ、数多くの先輩スタッフの信用と努力が礎となって、地域に貢献することができたと思います。私たちはその先人の礎の基にこうして縁があり、ともに働くことができていることを互いに感謝しなければなりません。

人と人が寄り添って企業や組織が生まれ、人と人が寄り添って商売をさせて頂くことができているのですから、人と人との間にある「調和」や「感謝の心」を無視して成り立つことはできません。

私たち三愛石油の仲間は、絶えず「和」と「感謝」を大事にする会社でありたいですし、その力の結集をもって地域社会に大きく貢献し続ける会社を目指していきたいと、強く願うところです。

代表取締役 石原 俊太郎

企業理念

「人を愛し、地域を愛し、勤め(仕事) を愛する」

人間一人ひとりの価値は人によって捉え方が異なり、職種や立場の上下に価値を見出す人もいれば学問の上下に価値を見出す人もいます。しかしながら真に人間の価値を決定するものは、その人が持つ「愛」の深さと広さなのだと思います。

すべての動物に自己保存の本能があるように、人間もまず根本には自己愛が存在し、そこから両親への愛や兄弟・家族への愛へと広がったり、隣人愛に目覚めたりと、社会性が高まるとともに愛の深さや広さは掘り下げられていきます。本人の意識が高まるほど、そこから故郷愛や地域愛、さらには祖国愛にも発展していくでしょう。ついには自己愛以上に相手を思い、尽くす大きな愛に至ったとすれば、その人の価値は真なるものへと結びゆくはずです。

自らの価値を高めていくために、より深くより広い愛を養っていくことが大切だと創業者は説いています。

三愛主義とは、すべての人を愛し、地域を愛し、勤め(仕事)を愛すること。そこには、この地域に生を受けた意義を果たすために自分の与えられた任務を愛して一生懸命に励むことが、社会みんなの豊かさにつながることが示されているのです。